FC2ブログ
オペラ座の怪人
怪人


行ってまいりました。
劇団四季のオペラ座の怪人


ミュージカル好きです。

あの劇的な音楽。
帰る路々,離れません。
やっぱり声ってすごい武器。


そして。
一番はやっぱりサウンド・オブ・ミュージック。
「怖いときや寂しいときには
お気に入りのモノや楽しいコトを考えるのよ。」
スポンサーサイト



テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

サロン・ド・ショコラ
今年も行ってまいりました。
新宿伊勢丹はサロン・ド・ショコラ。
チョコ好きにはたまらない企画です♪

相変わらずの混みっぷりでしたが…。

イノシシ  マカロンタワー


≪昨日の収穫≫

まずはピエール・マルコリーニのアイス。
もちろんダブルで。
おすすめは,グレープフルーツ&チョコとフランボワーズ&チョコ。
マルコリーニ


クリストファー・ノーマンの洋ナシ。
アーティストでもあるというショコラティエのジョン・ダウン氏。
本当,絵描きさんみたいなパレットでした。
ノーマン


フレデリック・スケルターのマカロン。
すごくカラフルでかわいい。
たぶん左からいちご,紅茶,ピスタチオ,シトロン,チョコ。
スケルター2


続いてオリオール・バラゲのクアトロ。
確か奥から杏,オレンジ,木苺,パッション。
本当は12種全部,いっちゃいたかったな…。
バラゲ


そして。
一目ぼれはアーティザン・ドゥ・ショコラのジェム。
おとめ心をくすぐります。
アーティザン2



心惹かれるチョコたちはまだまだいたのですが,予算の都合で泣く泣く。
次の機会をねらいます。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

倶楽部AKANEIRO。
蒼い鳥


3/1の倶楽部AKANEIKRO。
チケット取りました!
ハナレグミ目当てです…。
でも,実はフジファブリックも気になってたのです。
いろいろ聴いてみたらなかなか好み。
ますます楽しみなのです♪

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

しろたえ
チーズレモンパイ  シュークリーム


今日のおやつは赤坂しろたえのチーズレモンパイ。
シュークリームとレアチーズとかなり長いこと迷った挙句…。
チーズレモンパイはレアチーズほど濃くないけど,さわやかに酸味っぽくて美味しいのです。
幸せ~♪

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

ルコント
ルコント

青山一丁目のルコントには,ねずみがいます。
このねずみ,スウリーという名前でとっても甘くて美味しいのです。
ところで。こちらルコントのお手拭きもかわいくありません?

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ

サクマの15369
15369

毎朝の通勤電車,かなり満員です。
急ブレーキをかけるから,転んでしまいました。
たぶん小学生振りくらいに尻もち…。
どこぞのオジサマに助けられました。
かなりヘコみます…。
そんな時はサクマのいちごみるく。
なぐさめられます。
カフェ・フレディ
で,お茶をしたのはカフェ・フレディ。
マリーに触発されて,ガールズトークに花を咲かせたのでした…。
こちらは1月限定の柚子カスタードのフレンチトースト。
限定ってコトバ,弱いですね~。
フレンチ

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

マリー・アントワネット
マリー

早速行ってきました、マリー・アントワネット
最初から最後までポップでガーリー、
マカロン・カラーにハマりそう。
かわいらしさ全開でした!
そしてキルスティン・ダンストの白肌が印象的で。
すっごいハマり役だと思います。

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

六花のつゆ
六花亭の六花のつゆ。
北海道のお土産にいただきました。
てっきりチョコかと思ったら,きれいな色のボンボンでした。
ハスカップ,コアントロー,ペパーミント,うめ酒,ブランデー,ワインの6種類。
なんだかもったいなくて,チビチビいただくことにします。
六花のつゆ   六花のつゆ2

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

尾道・倉敷旅 その9
鶴形山の阿智神社。

本町通りから階段をず~っと上がって行きます。
途中で振り返るとこんな感じ。
阿智神社2


宮崎アニメにこんなキャラ,いたような気がします。
阿智神社1



そして。
旅のちっちゃなお土産たち。

民藝館にて,芹沢介の民藝カレンダー。
芹沢カレンダー


橘香堂のむらすゞめ。
素朴な味で,何個でもいけちゃいそうな気がします。
むらすずめ


何個でもいけちゃうと言えばきび団子。
でも,お供になるほど魅惑的…?
きび団子

尾道・倉敷旅 その8
大原美術館。
大原美術館


入り口にはロダン作,カレーの市民。
強い決意が見てとれます。
カレーの市民



特に印象的だったのは…。
・エル・グレコの受胎告知:胸に手を置く騎士の肖像が一番好きだけれど。
・モネの睡蓮:モネって画集と実物の印象が全然違います。
・中村彝の頭蓋骨を持てる自画像:澄み切った表情に何だかハッとしました。
・青木繁の自画像:奔放さがうかがえた気がします。


こちらは工芸館。
左側のは棟方志功室,右側のは染色家らしく芹沢介室。
他にもバーナード・リーチ室などがあります。
特に好きだったのは,河井寛次郎の陶芸。
橙と黒が素晴らしかったです。
そして。
黒光りしてカタカタなる床とか,米蔵を改造した展示館そのものもステキでした。
工芸館


こちらは大原さんつながりで,中国銀行。
ステンドグラスがキレイでした。
中を覗いてみたら皆さん普通にお仕事中でした…。
中国銀行

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

尾道・倉敷旅 その7
本町通りの吉井旅館。
こんな雰囲気のあるお宿に泊まりたかったです。
次回はぜひ…。
吉井旅館


こちらは旅館くらしき。
棟方志功の定宿だったそう。
旅館くらしき


くらしきの宿 東町。
お正月の雰囲気がまだ残ってました。
東町


はしまや。
カフェは残念なことにお休みでした…。
はしまや


森田酒造。
造り酒屋の軒先に下がる杉玉
青々としたのは「新酒できました。」
日焼けしたのは「飲み頃です。」の合図だそう。
森田酒造

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

尾道・倉敷旅 その6
いろいろなトコで話題になっている三宅商店さん。
実は行ってみたかったんです!
三宅商店1



お店の中はこんな風。
ストーブが赤々と燃えてました。
ほっこり,落ち着きます。
三宅商店2



いただいたのは,くるみとバナナのキャラメルケーキと珈琲…。
三宅商店3



こちらは倉敷珈琲館さん。
クラッシックな看板がステキです。
倉敷では,吊り看板をたくさん見つけました。
看板2



看板3



看板1

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

尾道・倉敷旅 その5
再び尾道・倉敷旅に戻ります。


まずは誰もが思い描く倉敷の風景。
倉敷川沿い1



夜になるとライトアップされます。
幻想的な雰囲気です。
夜の倉敷川



その昔,倉敷川を行き交う船を導いた常夜灯。
常夜灯



栴檀(せんだん)の実。
「栴檀は双葉にして芳し」という言葉があるそうです。
栴檀の実



こちらは倉敷民藝館。
民芸館1
  


「実用的なもの
民藝品は趣味品でもなくぜいたく品でもない。
日常の必要品として用途とはなれて存在せぬ。」
民芸館2

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

ル・コキヤージュ
コキヤージュ
    (写真はぐるなびより。)


新年会は神楽坂のル・コキヤージュにて。


奥まったトコにある,とっても感じのよいお店でした。


本日お腹に収まったモノたち…。
ステラルトワ,おすすめされたワイン,ニース風サラダ,北海タコのマリネ,田舎風パテ,アンディーブのグラタン,牛肉の赤ワイン煮,ほうれん草とベーコンのキッシュ,スモークサーモンのガレット,チョリソーとほうれん草と卵のガレット,カニとアボガドのタルティーヌ,鴨のパストラミのタルティーヌ,アップルコンポートのクレープ,サンマルク,苺タルト。


フランス人並みの食欲を見せた私たちでした。

テーマ:+お外でごはん+ - ジャンル:グルメ